海外ドラマで学ぶ最強の英語学習法

2018年4月1日英語学習について

f:id:stonesharp-man:20180317122446p:plain

「単語帳?文法?そんな英語学習つまらない!」という方のために、楽しみながら、本当の英語力を身につけられる英語学習法についてご紹介します。

「さぁこれからは日本も国際化を迎える時代だ!私も英語の勉強を始めよう!」意気込んで、英語学習のための書籍を買ったは良いものの、本を開いた途端「読めない!やめよう!」、読み進めたは良いものの継続できなかったと三日坊主で英語学習をやめてしまう方はたくさんいるのではないでしょうか。

そんな方のために、誰でも無理せずに継続的にマスターできちゃう英語学習法についてご紹介して行きます。

海外ドラマで英語を学ぶ

f:id:stonesharp-man:20180317123602p:plain

よく英語学習の記事では「洋画、海外ドラマ、海外のテレビ番組で英語をマスターしよう!」といった記事をネット上ではよく散見されます。しかし、ところかまわずどの教材(DVD)でも良いというわけではありません。

「ではどんな内容の海外ドラマを選べば良いの?」という方のために、まずは英語学習に向いていない避けるべき海外ドラマ、洋画などご紹介します。

  • セリフ(会話量)が少ないもの
  • 上映時間が長いもの
  • マニアックな作品 

 

 

セリフ(会話量)が少ないもの 

まず、セリフが少ない映画は避けてください、ファンタジー物やSF、アクションなどの映画ジャンルは基本的にセリフが少ないものが多いです。そのため、コメディロマンスなど比較的に人と人との会話が豊富なジャンルを選ぶのがオススメです。

セルフが少ない作品と多い作品は極端に英語と触れる時間の多少が極端に分かれます。アクションものの作品の戦闘シーンでは「OHhhhhhhh!」だったりホラー物の作品では「・・・」など10分以上もの間、英語を聞くことなく時間だけが流れます。これではなんのために視聴しているのかわかりません。

なので英語学習の教材として作品を選ぶ際は短時間で多くのセリフ(会話量の多い)の作品を選びましょう。

 

上映時間が長いもの

上映時間が長い作品は避けましょう。もしあなたが3時間の長編ものの作品を学習教材として選んだとして、その教材を毎日視聴することができるでしょうか。または3時間もの長時間の間、集中力が持つでしょうか。

なので、個人的には30分から1時間で話が完結する短編の作品がオススメでしょう。

 

マニアックな作品

マニアックな作品は避けましょう。というのもその作品に関するスクリプトスクリプト(英語の台本)を解説した英語学習のサイトがネット上で見つからないからです。何を言っているかというと海外ドラマを用いた学習に必須なのが、その作品と作品のスクリプトです。なぜならスクリプトなしにこの学習を始めようとなった時に、あなたはDVDの英語字幕のみを頼りに学習するほかありません。私も長年、この学習を実践していますが、英語字幕が不完全なものが稀にあります。

なので、できるだけスクリプトを用意し、書き込めるととても効率的に英語学習を勧められます。

ちなみに海外ドラマや洋画のスクリプトは下記サイトでダウンロードできますので、是非参考にしてみてください。

www.imsdb.com

medium.com

 

学習の進め方

f:id:stonesharp-man:20180317141051p:plain

本章では海外ドラマを用いた英語学習の進め方についてご紹介していきます。もし、あなたが今までこの学習をしていて効果が見られない場合は下記を参考に学習方法を改めて見てください。

 

必要なツール

まず、本学習に必要となるツールは、本学習の元となる作品です。もちろんTSUTAYAでDVDを借りてきたり、通販で自分のお気に入りの作品を購入するのも良いでしょう。しかし、インターネットが発展した今では上記のような方法を取らずとも簡単に海外の作品が視聴することができます。もちろん中には英語字幕で視聴ができない動画配信サービスもあるのでご注意ください。(;ちなみに私のおすすめする動画配信サービスはHuluです。Huluは多くの海外の作品を取り扱っているほか、英語字幕で英語音声での視聴が可能です。

 \\海外ドラマを手軽に視聴したい方はこちら//

\\今なら2週間無料お試し中//

また前章でも紹介しているように、本学習において作品のスクリプトがあるとより効率的に学習を進められるでしょう。

 

字幕ありの英語音声で視聴してみる

必要なツールが全て揃ったら、学習のスタートです。まずは字幕ありの英語音声で視聴して見ましょう。これはいきなり英語音声のみで視聴を開始してしまうと内容がわからず、眠くなってしまうためです。これを避けるために、始めは英語字幕を追いながらでも、アクター、アクトレスのセリフと字幕が一致していることを確認し、内容をある程度理解するために必要です。もし、わからない表現単語があったら、その都度スクリプトに書き込み、わからない部分をなくしていきましょう。

例えば、「no moss grows on a rolling stone」という表現がでてきたとします。これは日本語で言う英語のことわざです。直訳すると「転がる石に苔は生えない」ですが、意味は、活発に活動している人(努力をしている人)は苔が生えない、輝いているひとと言う意味を持ちます。(;ちなみにアメリカとイギリスでは捉え方が違うようです。

など、上記のようなことわざが出てくることもあるので、直訳せずに柔軟な発想を持って英語を解釈するようにしましょう。

ちなみに英語のリスニングにそれなりに自信がある方はこのステップはスキップしてもらっても結構です。

 

字幕なしで英語音声で視聴してみる

前章の方法で内容とセルフがある程度つかめてきたら、字幕なしの英語音声で作品を視聴しましょう。この時、重要なのが、集中して聞くことです。もちろん、内容を理解することもそうですが、聞いている英語が頭の中で文章化されるように心がけましょう。前者の内容を理解するだけなら、それほど難しくありませんが、aやtheなど冠詞の細かいことやin、onなどの前置詞も聞き取れるように、聞いた英語をそのまま文章として書き出せるようになることは難しいです。

例えば、「get rid of」、「取り除く」という意味ですが、聞いているだけだと「ゲリロゥ」と聞こえるはずです。このゲリロゥを聞いて「get rid of」を書き出せればあなたのリスニング力を相当に上達しています。

これが出来るようになればTOEICレベルのリスニングであれば9割から満点は堅いでしょう。

 

聞いたセリフを口に出してみる 

「あれ?上記のような学習ではリスニングしか上達しないんじゃね?」と思われた方、鋭いですね。確かに、上記のような学習法ではスピーキングは伸びません。これは最強の英語学習法です。最強と謳っているからにはスピーキングが上達しないなんてありえないです。

なので、まずは聞いた英語を口に出してみることです。

これは重要です。英語学習において重要なのは話して慣れることです。こうして話してアウトプットすることによって初めてその英語が身につきます。もしあなが前章で紹介した、「聞いた英語を頭の中で文章化」出来るまでになっていれば、この学習は全く苦ではないはずです。

口に出してアウトプットを実践していけば、実際に外国人が話している時のリアクション話し方と同様の仕草を身につけられます。(;無表情で Oh MY God!なんて言われてもただ怖いだけですからね(笑)

 

最後に

みなさんいかがでしたでしょうか。本日は海外ドラマを活用した英語学習法についてご紹介してきました。これまで英語学習が長く続かなかった人も本記事で紹介した学習を実践すれば、楽しく継続的に英語学習ができてしまうのではないでしょうか。

今後もみなさんのお役に立てる英語学習の情報についてご紹介していきますので、どうぞえろしくお願いします。

 \\海外ドラマを手軽に視聴したい方はこちら//

\\今なら2週間無料お試し中//