3ヶ月でTOEIC300点から800点へ!?〜必勝勉強法〜 単語編

2018年4月1日英語学習について

f:id:stonesharp-man:20180305200543p:plain

近年の日本では以前に比べてより英語力が求められる時代となりました。今や企業の求人広告でもTOEIC OO点以上!また社内での出世の条件としてもTOEIC OO点以上!などTOEICの点数が英語力を図る指標としてなっている事実があります。それだけ日本の企業は英語が出来る国際社会で活躍できる人材を求めているんですね。

現に国内の多くの企業を見てみると、国内でのビジネスに限界感じた企業がグローバルにビジネスを拡大しようと目論み、またある時は企業の規模を拡大しようと海外の会社を買収したり、買収されたりと、今や日本国内の企業はドメスティックな環境内でのビジネスでは済まない世の中になってきた訳です。しかし、日本国民の私たちからしたら全くいい迷惑です。なぜ日本国内で働くのに英語が求められるんだと。

しかし、みなさん!今がチャンスなんです!世の中が、TOEICの点数の高さ=英語力の高さと勘違いしている今がチャンスです。

実はTOEICというテストは世界的に見て全くポピュラーなテストではありません。TOEICと聞いて「英語のテスト」と認識できるのは日本人と韓国人くらいです。そのほかの国、アメリカやイギリスなどで、TOEICと言っても「何それ!?」と言った反応をされます。このTOEICというテストは国際的に見たら英語力を図る指標としては心もとないテストなんです。

事実、英語圏の学校に入学しようとしたらIELTSやTOEFLといった TOEICよりはるかに難しい試験を受けなくてはなりません。

このTOEICの試験、抑えるべきことを押さえていれば全く難しい試験ではありません。今日は学生時代に私が実践したTOEICの点数を300点から800点に3ヶ月であげられる必勝についてご紹介します。

TOEICの点数を上げるためにはまず何から始めれば良いの?

f:id:stonesharp-man:20180305200637p:plain

まずTOEICの勉強を始めようと思ったものの、「どこから始めれば良いの?」と思われる方がいるかもしれません。

さぁ!TOEICの勉強を始めるぞ!と意気込み問題集を買ってきたものの、何が書いてあるのかがさっぱり分からない、読み取れないという方は必ずいるはずです。

それで勉強を継続することができず、途中でやめてしまう方もいるでしょう。

そんな方へ、まずTOEICの勉強を始めるにあたって、どこから始めれば良いの!?ということなんですが・・・

単語

です!

まず、TOEICに限らず英語学習の基礎となるものは単語です。単語の意味が分からなければ、長文読解もできませんし、リスニングで何を話しているかなんて分かるはずがありません。 全ての語学学習において基礎となる学習はこの

単語に帰着します。

単語の勉強は最初は地味ですが、それを乗り越えることによって、英語新聞を読んだり、英語の映画やテレビ番組を観る学習などのより発展した英語学習ができるようになるのです。

(;英語の記事をカフェで読んだり、電車の中で読んでいたらかっこいいと思いませんか?そのためにもこの単語学習は必須なのです。

ちなみにリスニングの学手法についても他の記事で紹介しておりますので、ぜひ参考にして見てください。

 

TOEICの点数を上げるにあたって私の使った単語帳

この章では実際に私がTOEICの点数を3ヶ月で370点から815点へ上げた時に用いたオススメの単語帳についてご紹介します。

 

TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ(TOEIC TEST 特急シリーズ)

この通称「金フレ」と呼ばれる特急シリーズの金のフレーズです。この単語帳はTOEIC学習の全てのブログで紹介されてるんじゃないかってくらい有名な単語帳です。

当時の私もその記事を読んでこの単語帳を買いました。実際に使ってみた感想ですが、正にこの単語帳に出てくる単語全てがTOEICのテストに出てくるんじゃないか?ってくらいによくTOEICの傾向を押さえてあります。それに加え、サイズも小さいので通勤、通学中でも手軽に読めてしまうのも良い点です。

この単語帳のみを押さえておけば500~550点くらいであれば達成できるでしょう。また、TOEICテストにおいて、勉強時間対効果についてもこの参考書を上回る単語帳はないのではないでしょうか。しかし、英語の発音記号が記載されていないため、発音の練習の際にCD頼りとなってしまうため、物足りなさを感じました。

時間 対 効果:5段階中

 

2.2 TOEIC(R)L&R TEST英単語スピードマスター

 

 

次はこちらTOEICスピードマスター、書店でTOEICの単語帳を購入しようとしたことのある人なら一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

英語学習、ことTOEICのブースではひときわ目を引く分厚さを誇るのがこのスピードマスター、他のTOEIC学習の単語帳に比べ最も分量の多い単語帳なのではないかと思います。

この単語帳は本当にTOEICにこんな単語出てくるの?と思うよな単語も収録していますが、800点を超えるためにはこの単語帳は多いに役に立ちます。TOEICに出てくるビシネス単語のほかに 生活などの場面ごとに応じた専門的な単語も収録されているので、TOEICの点数を上げるという目的以外にも非常に役に立ちます。個人的な意見としてこの単語帳の最も魅力的なところは1つの単語に対して複数の類義語や対義語を紹介しているところが魅力だと思います。

例えば魅力という名詞に対して attraction, charm, alure, glamorなど同じ意味の類義語を紹介することによって単語力を定着させます。またTOEICのパート7の長文読解では、下線部と同じ意味を持つ単語を選択しなさいという問題が毎回出題されますので、この単語帳を使っていれば、そういった出題にも対応できます。

時間 対 効果:5段階中

 

DUO 3.0

 

こちらはDUO 3.0。大学受験をされた皆さんなら一度はこの単語帳を手に取ったことがあるのではないでしょうか。

正直この単語帳に関してはTOEICのテストに対してあまり効果が見込めません。

ではなぜこの単語帳を取り上げたのかというと、高校までの単語が基礎として身についていない方々にとって、この単語帳は多いにい役に立つからです。

むしろ日本の高校で英語力の基礎を学んでいない人がTOEICで高得点を取るなんて不可能に近いです。なので、TOEICの点数を上げる前に、英語に自信のない方はこの単語帳から初めて見るのも手かもしれません。

TOEIC500点以下の人はまずこの単語帳から学習を始めるのが良いでしょう。

時間 対 効果:5段階中

 

[新形式問題対応/音声DL付]改訂版 キクタン TOEIC TEST SCORE 800 キクタンTOEICシリーズ

 

次にこのキクタンシリーズ!このシリーズの魅力的なところは英単語を聞いて覚えられる!ことです。いやいや他の単語帳が聞いて覚えられないというわけじゃありません。

英単語の学習業界で圧倒的知名度を誇るこのキクタン!TOEICの学習ではどうなのか?

というと、う〜ん、という感じですが、英単語の学習の中では役に立ったと思います。

というのも、単語帳って基本的に関連する単語が1ページに仕切るめられているんですよねぇ。なので、だいたい次の単語が予想できてしまうんです。しかし、このキクタンは単語学習において規則性がないため、単語学習においては柔軟性を持って単語学習に取り組めるわけです。この単語の後にこの単語!?全く規則性がないんだけども。といったように。

こいつは何をいっているんだと思われる方もいるかもしれませんが、他の単語帳をで学習してきた後にこの単語帳を使うと、その理由がわかります。

費用 対 効果;5段階中

 

みなさんいかがでしたでしょうか。これまで4冊の単語帳を紹介してきましたが、私が3ヶ月でTOEICの点数を300点台から800点以上に使用したこれらの単語集、今まで、単語帳一冊をやり通した経験がない私がこの4冊の単語帳暗記して得た感想です。

 

3. 単語帳を使った勉強法の注意点(必読)

f:id:stonesharp-man:20180305214227p:plain

ここまで、単語の学習は英語の勉強には不可欠だ!と紹介してきましたが、みなさん今までどのように単語の学習をしてきたでしょうか。こんな人は今すぐ勉強の仕方を変えてください!

  • 単語をノートに何度も書く人
  • 単語帳をただ眺めている人

上記のような、勉強をしている方はすぐに勉強法を改めてください!(;大事なことなので2度言いました。

単語を10個ノートに書く?効率が悪すぎます。単語帳をただ眺める?定着しません。

この記事を読んで、いった通りに上記のような勉強をしたのにTOEICの点数が全く伸びないじゃないか!と怒っている人、ちゃんと最後まで読みましょう。

まず、単語をノートに何度も書きなぐる人、昔から日本の学習では漢字の書き取りなどで、同じ漢字を何度も書かされた経験を持つ人はいるでしょう。即刻、改めてください。時間の無駄です。

学んだ単語を用いた例文を考えて作文をしているならまだしも、同じ単語を何度も書くのは無意味なのでやめましょう。SPELLING(スペリング)の勉強ですか?TOEICのテストには英作文はありません。

また、単語帳を眺めているだけの人、もっとたちが悪いです。そんなんでは単語は頭に定着しません。

もしあなたが瞬間記憶能力でも持っていれば別ですが・・・あなたはこれからTOEICで高得点を取るために何千個もの英単語を学習することになるんです。

単語を1単語1単語ごとを腹に落として、得心行くまで理解しないと、いずれは他の単語とごっちゃになってしまいます。英語には同じような綴りにも関わらず、全く異なる意味の単語がたくさんあります。なので、このような勉強方法はオススメしません。

 

ではどうやって単語を学習するのか!?

f:id:stonesharp-man:20180302210336p:plain

きになる方がたくさんいるでしょう。ではどんな学習方法が最も効率的で理に叶っているか。むしろこの勉強方法を実践しなければ3ヶ月で800点代を目指すなんて夢のまた夢です。その方法とは・・・

聞いて口に出せ!

です。

この学習方法が語学学習に置いて最強です。しかし、日本人はシャイな方が多く、この方法を実践する人が少ないんです。

私も通学中に毎朝電車の中で、英単語を口に出してアウトプットをしていました。周りから変な目で見られることも少なくはありませんでしたが、自分のスキルアップのためには周りなんて気にしていてはいけません。

自分の言葉で発音できない単語が聞き取れるわけがないんです。CDでネイティブの発音を聞いて、自分で発音することが大切です。そうすれば、その単語がリスニングで出てきた時も聞き漏らすことはありません。まさに一石二鳥の勉強法なんです。

騙されたと思ってこの勉強法を1ヶ月続けて見てください。必ずそれは結果に現れることと思います。

 

4. 最後に

今日がTOEICの点数を300点から800点に上げる方法 単語編 について、ご紹介してきましたが、その学習法については、TOEICだけにとどまらず、全ての言語に言える学習法です。

アメリカでそれなりの会社に勤めているひとならだいたい、2カ国語は話すことができます。

それは、恥ずかしさを捨てて、異なる言語を意欲的に話そうとするモチベーションが、その人の語学力を向上させるのです。

これからも、みなさんのお役に立つ情報をどんどん執筆してまいりますので、よろしくお願いします!

 \\ネットで話題のオンライン英会話教室//